スポンサーサイト

0
    • 2011.11.06 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ホームページ作成お好み焼き EPUB採用の「Yahoo!ブックストア」公開、まずはコミックなど3万冊以上販売

    0
       ヤフー株式会社は2日、EPUBを採用した電子書籍サービス「Yahoo!ブックストア」を公開した。国内大手出版社と提携し、小説や実用書、写真集、雑誌、絵本などを販売するが、スタート時点でコミックなど3万冊以上をラインナップする。価格帯は単品販売が約300円〜、月額セット販売が約500円〜。

       まずはPC向けに提供を開始。対応OSはWindows 7/Vista/XPで、閲覧には無料の専用アプリをインストールする必要がある。今後、Android端末やiPhone/iPad、Macにも順次対応する予定だ。

       2003年よりサービスを展開してきた「Yahoo!コミック」は、Yahoo!ブックストアに移行する。Yahoo!コミックでは「ストリーミング型」での配信がメインだったが、Yahoo!ブックストアでは「ダウンロード型」をメインに提供する。ストリーミング型の配信には閲覧期間が設定されていたが、ダウンロード型では一度購入した商品を基本的に無期限で閲覧できる。PCで購入したコンテンツをスマートフォンで読むことも可能になる。

       このほか、オンラインストレージサービス「Yahoo!ボックス」や他社サービスと連動したクラウド書庫も提供する予定。

       また、「Yahoo!プレミアム」会員に向けた閲覧料金の無料化、割引、Yahoo!ポイントの還元などのキャンペーンも行う。

       ヤフーはYahoo!ブックストアの公開を記念して、「ONEPIECE」「トリコ」「青の祓魔師」などの人気コミック20冊が一律100円で読めるほか、作品購入ごとにYahoo!ポイントを最大1000ポイントプレゼントするキャンペーンを展開する。


      【INTERNET Watch,増田 覚】
      ホームページ作成株式会社杉山システム スマートフォンホームページ作成ヘアサロン スマートフォンホームページ作成料理教室 スマートフォンホームページ作成ジュエリーショップ スマートフォンホームページ作成ランジェリーショップ スマートフォンホームページ作成フラワーショップ スマートフォンホームページ作成フラワーアレンジメント スマートフォンホームページ作成アロマテラピー スマートフォンホームページ作成英会話 スマートフォンホームページ作成生活雑貨 スマートフォンホームページ作成占い

      ホームページ作成お好み焼き 渋谷区、「文化総合センター大和田」のテナント募集−8階オフィス区画 /東京

      0
         渋谷区は現在、「渋谷区文化総合センター大和田」(渋谷区桜丘町)8階オフィススペースのテナント募集をしている。(シブヤ経済新聞)

         旧大和田小学校跡地に建設された同施設は昨年11月に開業。地下3階〜12階の延べ床面積は約2万7400平方メートル。「さくらホール」(3〜7階)や「伝承ホール」(6・7階)、「こもれび大和田図書館」(2階)、「さくら上宮保育園」(1階)、プラネタリウム「コスモプラネタリウム渋谷」(12階、TEL 03-3464-2131)、多目的アリーナ(地下1階)などで構成する。

         今回募集しているのは、渋谷区を拠点として社会活動を行うNPOやNGOなどの団体、個人や学会などの任意団体が集いコラボレーションする組織「Social Action Project」が入居していた南側のスペース。同階北側には男女共同参画社会の実現を目指し、学習・活動・交流する拠点「女性センターアイリス」が設置されている。

         床面積は556.19平方メートル。賃貸物件を分割し一部のみを貸借することはできないほか、転貸することもできない。契約の開始時期は今年11月以降の予定で、契約期間は原則5年以上。賃料は事業計画などと共に提案に含める。

         同館館長の佐藤賢哉さんは「事務所用途なので業種等の特別な限定はない。ただ、あくまで区が大家となっている公共施設の複合ビルへの入居なので、その点を踏まえて利用計画書を提出していただきたい」と話す。

         応募受け付けは10月31日まで。応募条件・方法などはホームページで確認できる ホームページ作成株式会社杉山システム

        お好み焼きホームページ作成 震災の教訓まちづくりに、神大で連続講演会や公開講座/横浜

        0
           東日本大震災の教訓を地域に生かそうと、神奈川大学は9月から12月に横浜市内で、連続講演会や公開講座を開く。被災地の実態や課題、災害に強いまちづくりに向けた取り組みなどを学び、大地震への備えに役立ててもらう。

           全10回の連続講演会「巨大災害と地域社会」は、被害の概要や復興の様子、支援の課題などがテーマ。被災地を調査した同大学の教授や岩手県遠野市の本田敏秋市長らが語る。

           10月1日から12月3日まで毎週土曜日の午後1時半〜3時半で、会場は同大学横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋)。定員100人で無料。

           6年目を迎えた「実践的防災まちづくりコーディネーター養成講座」(全10回)は、地域防災力の向上に向けた人材の育成が主な目的。岩手県の被災者や災害ボランティアの体験談、県内で防災活動に取り組む人たちの話を聞く。

           同大学の生涯学習拠点「KUポートスクエア」(横浜市西区みなとみらい)で9月29日から12月8日までの木曜日(時間は午後2時半〜4時半)に開講する。定員50人で受講料5千円。

           いずれも先着順。連続講演会は今月16日、コーディネーター養成講座は15日締め切り。KUポートスクエアのホームページかファクス、はがきで申し込む。問い合わせは、KUポートスクエア電話045(682)5553。
          ホームページ作成株式会社杉山システム